PwCあらた有限責任監査法人
リスクに経営者とともに立ち向かう
会計士の仕事は、会計上の数値の妥当性を検証するだけでなく、数値が示すメッセージを基に経営アドバイスを行っていく等、その範囲は多岐に渡ります。本講座ではワークショップを通じ、会計士の業務内容、やりがいについて学んで頂きます。
日程
2017年9月8日(金)
時間
13:00-18:00(交流会 18:00-19:00)
場所
東京・大手町オフィス
定員
30名
時間割
13:00-14:00 「会計士の仕事とは」
会計士とは?監査法人とは?税理士とはどう違うの?仕事内容は?会計士になるには大学で何をしておけばいいの?といった疑問にお応えしつつ、そのやりがいや面白さを伝えます。
14:00-17:00 「グループワーク」
あるクライアントに関して情報収集をもとに、財務分析/リスク分析を行い、グループワークでのディスカッションを通じて、会計監査業務の一部を体験いただきます。
17:00-18:00 「発表・フィードバック」
ディスカッションで出たアイデアを発表していただきます。発表内容に関しては、講師からフィードバックも実施いたします。
18:00-19:00 交流会
社内のラウンジで立食形式のカジュアルな交流会を予定しています。
若手社員や経験豊富なマネージャー達と自由に質疑応答をして頂く機会を設けています。
※冒頭にオフィスツアーあり
※上記内容は変更となる可能性がございます。
※プログラムは昨年のものを掲載しております。今年のプログラムは随時アップデート致します。
参加者の感想

最初は監査法人というと、公認会計士の方が行かれるところ、というイメージで、あまり興味がなかったのですが、今日じっくりとお話を聞いたり、ワークショップを通じて、とてもグローバルで面白い会社なのだなと思いました。ぜひまた機会があれば、参加してみたいです。

(東京外国語大学2年 N.Mさん)

会計士について自分はもともと全く知らなかったし、イメージとしても偏ったものであったが、今日の講座を通して、具体的に仕事内容を知れたことは良かったですし、自分の将来の選択肢として興味深いものが持てたと思います。

(早稲田大学2年 T.Uさん)

わかりづらい監査の仕事が実感としてわかり、とても満足でした。職員さんたちの良い雰囲気も伝わってきました。ありがとうございました!!

(東京大学2年 M.Kさん)



トップへ